« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

弁論大会!

Senka_opening_201434

こんにちは!

夏休みはいかがお過ごしでしょうか?

ECC専科生の皆さんは、夏休みも「英語漬け」の毎日!!

 

今回も特待生からの「専科レポート」。

専科のイベントでも大変重要な「スピーチコンテスト(弁論大会)」ですhappy01

 


Shoji ‘Sean A. J. Jackson’ Ueno

There is a speech contest in July, which is one of the biggest events in school. 

The theme of this year’s speech contest is ‘Understanding Each Other Better.’ 

You need to write a speech related to this theme.

If you are afraid of giving a speech in front of many people,
your homeroom teacher and communication practice teacher will correct
your draft and show you how to deliver a good speech many times enthusiastically.

Through the process of rewriting your own manuscript and reading it aloud at home
again and again, you will be able to improve your English skills steadily.

However, unfortunately, not all students are allowed to give speeches at the speech contest.

There is a preliminary contest held in each class to choose class representatives.

You might be surprised to hear your classmates and
schoolmates speak far better than they used to.

If you are chosen, you can make a speech in front of more than 100 people
at the Kanto speech contest!

This sounds exciting, doesn’t it?

By joining senka, you can not only study English using textbooks but also will be
very stimulated by your teachers and schoolmates at the speech contest.

 

専科では、7月に弁論大会が開催されます。

弁論大会は、学校行事の中で最も大きいもののうちのひとつです。

今年の弁論大会の主題は、「相互理解を深めるために」です。

専科生は、この主題に沿って演説を書く必要があります。

大勢の人の前で演説をすることに不安がある場合は

担任の先生とコミュニケーション・プラクティスの先生が下書きを添削してくださったり
よい演説の方法を熱心に何度もご指導くださいます。

原稿を書き直したり、自宅で繰り返し演説の練習をする過程において
英語力をしっかりと向上させることができます。

しかしあいにく、すべての専科生が弁論大会で演説をすることができるわけではありません。

クラス代表を選ぶため、クラスごとに予選が開かれます。

予選でクラスメートや他のクラスの専科生が以前よりずっと立派に話すのを聞いたら
きっとびっくりしますよ。

代表に選ばれたら、関東弁論大会で100人以上の前で演説をすることができます。

わくわくするでしょう?

専科に入学すると、教科書を使って英語を学べるだけでなく、
弁論大会で先生方や他の専科生からの大きな刺激を受けることもできるのです。

 


 

ECC全日制英会話専科

ECC外語学院

Powered by Six Apart

コース・キャンペーンについて

  • 過去の記事のコース・キャンペーン等に関しましては、終了または変更している場合がございます。 お手数ですが各スクールのスタッフにお問い合わせ下さい。