« 専科特待生だより Susieさん | メイン | モデルレッスン&説明会開催♪ »

2014年9月18日 (木)

専科特待生だより ミッチィさん

It’s been about 5 months since Senka started in April and the second semester has already started too. Today, please let me tell you about my pleasant experience during my summer vacation.   
 One day, my friend invited me to go out for dinner. I really looked forward to it because my friend also invited some Korean people. At first, I was a little concerned about communication with Korean people because it was the first time to communicate with them in only English speaking. But my anxiety unexpectedly disappeared immediately because they were very friendly and cute. We talked about a lot of things to each other and laughed a lot. At that time, I realized one of my misunderstandings about communication. In this case, one important thing wasn’t English skill but just humanity and personality.    For instance, one Korean couldn’t speak English well but her English was very emotional and sometimes funny. Of course we could understand what she wanted to say and also understood her cute and heart-warming personality. Everyone else also likes her. This experience was very interesting for me. I thought that it was the first step to communicate with foreign people. It was a very fun time.    
 Thus I’m really grateful to Senka teachers because they gave me great courage to try to communicate with foreigners in only English speaking. Moreover, as far as I’m concerned, the meaning of studying language is not only speaking, but also making someone feel moved. It’s not easy for me to reach that target. However, I have no choice. I just have to take a step forward. I’ll continue to study English everyday as well as I can to achieve my target anyway.  

 

4月に専科がスタートしてから、約5ヶ月が経ち、2学期もすでに始まっています。
今日は、夏休み中に体験した出来事に関してお話しさせていただきます。

ある日、友人がご飯に誘ってくれたのですが、彼は、他にも数人の韓国人を招待していたので、それをとても楽しみにしていた。それと同時に、韓国人の人たちと英語だけで会話をするのは始めてだったこともあり、当初、若干緊張もしていたのですが、彼らはとてもフレンドリーで、かつ可愛らしくもあり、その心配は、予想外にも、すぐに消えてしまいました。お互いに関しての色々なことを話しよく笑いました。その時、わたしは、コミュニケーションに関する、ある一つの誤解に気付きました。今回の場合に関して言えば、少なくとも大切だったのは、英語の会話力の高さに限らず、むしろ、人間性や、性格のように感じたのです。

例えば、ある韓国人の女性は、あまり英語が得意では無いのですが、彼女の英語はとてもエモーショナルで、しばしば面白い(笑) もちろん、わたしたちは、彼女が何を言いたいのかを理解できたし、彼女の可愛らしい性格や、温かい人間性なども伝わってきました。この経験は、とっても興味深かったです。きっと、これは外国人の方々と接するにあたっての、ファーストステップなんだろうなと思いました。本当に楽しい時間でした。

専科の先生方には、こういったことに挑戦できるようになった勇気を貰い、本当に感謝しています。加えて、語学の勉強をする意味は、「話をする」ことにとどまらず、「心を動かす」ことに最終目的があるとわたしは思っているので、それは簡単なことでは無いですが、とにかくやるしかないので、その目標に向かって、日々、根気よく勉強を続けていきたいと思います。

ECC全日制英会話専科

ECC外語学院

Powered by Six Apart

コース・キャンペーンについて

  • 過去の記事のコース・キャンペーン等に関しましては、終了または変更している場合がございます。 お手数ですが各スクールのスタッフにお問い合わせ下さい。