« Happy New Year♪ | メイン | モデルレッスン&説明会実施中! »

2015年1月14日 (水)

特待生だより Kimberlyさん

『いつかは英語を文法から正しく理解し、丁寧に話すことが出来るようになる』という憧れを抱き続け、気がつけば20年以上が経っていました。

その20年間はけして悶々としていたわけではありません。その都度チャンスがあった事には常に全力で取り組み、とても充実した毎日でした。しかし38歳を目前に控えたある日、独身であること以上に(笑)特技や、取り柄のない自分がとても情けなく思えました。

自分がとても欲張りな性格である事は十分に理解しています。その上、不器用で要領が悪い…
だからこそ、1番大好きな英語に辿り着くのに時間がかかってしまったのかなぁ…と。と同時に、心の何処かで英語が出来ない自分と対面する恐怖があったのだと思います。そして、勝手に諦めていたんです。『自分が英語を身につけることなんて無理無理』と。これが、遠回りしてしまった1番の原因な気がします。

でも人は、本当に、本気で好きな事は引き寄せてしまうんだなぁ…と専科を見つけた時に実感しました。これは運命というより必然だと思います!

やっと出会えた英語の世界!専科は夢のような毎日でした。分からない事だらけですが、英語を勉強できる事が嬉しくて仕方がありませんでした。

しかし、自分の能力の足りなさに何度も落ち込み、クラスメイトと比べても仕方ない、と分かってはいてもやはり、負けず嫌いの私には辛い時期もありました。勉強すればする程、英語の面白さにどんどん魅力されていきました。それでも、未完成な自分を受け入れる覚悟はなかなかできなかったんです。

ところが、遂に私にもその時が来ました!『未完成だけど、このままの自分でいいのだ』と、受け入ることができたんです。きっかけは、プレゼンテーション大会でした。

我がクラスは見事1位を獲得!1位はもちろん嬉しかったのですが、それよりも、みんなで力を合わせ、成し遂げた時の達成感は最高です。チームワークの醍醐味を味わうことができました!

これからも一生英語を勉強していくつもりです。その土台作りが目的で専科に入学しましたが、たった9ヶ月で想像以上の自信と漲るパワーと勇気を身につけることができました。

専科の授業はあと2ヶ月しかありません。お世話になった先生方や私の悩み事全てに耳を傾けてくれたクラスメイト、そして家族へのお礼は、やはり最後まで全力投球することに尽きると思います。

夢のようなしあわせな毎日が終わってしまうのはとても悲しいですが、それ以上にこれから私達にどんな素敵な未来が待っているとかと思うと、いても立ってもいられません。

Follow your dream!
Never give up!

ECC全日制英会話専科

ECC外語学院

Powered by Six Apart

コース・キャンペーンについて

  • 過去の記事のコース・キャンペーン等に関しましては、終了または変更している場合がございます。 お手数ですが各スクールのスタッフにお問い合わせ下さい。